ALGO SPEEDERブログ

全競馬場SP指数アルゴリズム構築ソフト「ALGO SPEEDER」のブログです。

まず、毎レースかならず同じ能力で走る馬がいたとして、その馬が例えばダート1200mと1600mを走ったと想定したタイム、つまり走破タイムの平均から基準タイムを算出します。

これに、競走条件によってタイムは異なるため、競馬場ごとに競走条件別のタイム差を足します。


この基準タイムと実際に走ったタイムを比較して、競馬場、トラック、日別に馬場差を算出します。

馬場差の算出は、たいへん難易度の高い作業ですので、まずは当研究会が計算した馬場差を無料ダウンロードしてお使いください。

次のステージとして、「10/1日の馬場差は-1.0秒となっているけど-0.8秒が妥当だろう」といったように、無料ダウンロードした馬場差を独自に微調整してご利用ください。


例)大井競馬10/1
1R1200m 基準タイム+競走条件別タイム差より1.0秒速い
2R1600m 基準タイム+競走条件別タイム差より0.8秒速い
3R1200m 基準タイム+競走条件別タイム差より1.1秒速い
4R2500m 基準タイム+競走条件別タイム差より2.3秒遅い
5R1600m 基準タイム+競走条件別タイム差より0.9秒速い

大井4Rは参考外として10/1の馬場差は-1.0秒と決める。

 

レース毎の補正の算出方法
この大井4Rの例のように、長距離レースではスローペースになる傾向が高く、基準タイム+競走条件別のタイムより遅くなることが多々あります。この大井4Rに出走した各競走馬の能力が高くても、スピード指数は走破タイムから算出するため出走馬はすべて能力が低いことになってしまいます。

そこで、大井4Rだけスピード指数を底上げする方法としてレース毎の補正を行ないます。

1日のレースの途中から急に雨が降って馬場状態が変わった場合なども、レース毎の補正で調整を行ないます。


障害戦、ばんえい競馬は馬場差がありませんので、レース毎の補正のみでスピード指数を計算します。レース毎の補正なしの指数は、純粋なタイムに近い指数になりますので、スローペースのレースに出走した馬の指数が全体的に低くなり、ハイペースのレースに出走した馬の指数が高くなります。

しかし、レース毎の補正を行うことで実際の能力に近い指数を表示することができます。デメリットとしては、実際には弱い馬がスローペースでまんまと逃げ切ってしまい、後ろに強い馬がいた場合、弱い馬も高い指数として表示されてしまうということがあります。



スピード指数とは、日本で最もポピュラーな競走馬の能力を表す指数のことで、走破タイムとコース別の基準タイムの差から計算されます。
当ソフトでは独自の馬場差、レース補正値を無料提供して既存の指数ソフトより精度の高い指数を表示します。

同じコースを走った馬でも、単純にタイムを比較して能力の順位を決めることは無意味とされています。
理由は、毎日変わる馬場状態でまったくタイムが変わってしまうからです。
そこで毎日の馬場状態を数値化し、今日は通常より何秒速い(遅い)タイムであったかを算出してから走破タイムを比較することで、競走馬の能力を比較するのです。
毎日の馬場状態の数値を「馬場差」と言い、コース別の通常のタイムを「基準タイム」と言います。

芝レースは、雨が降ったり開催が進んで馬場が荒れてくると馬場差が徐々にかかってくる(馬場差がプラスになる)傾向があります。
ダートレースでは、砂が湿ると馬場差がマイナスになり、不良まで進むとプラスに戻ります。
芝コースとダートコースを両方走る障害戦は、馬場差を算出することはできません。
また積載量が1トンから500Kgまで大きく変わるばんえい競馬も、走破タイムがまったく異なってしまうため、馬場差を出すことはできません。

同じダートコースを毎回走る地方競馬のほうが、スピード指数による馬券の効果が高いと言われています。


続きを読む

※「外部指数のインポート」のご利用には、以下のRB☆STRIKE!有料情報の購入が必要となります。
 ・外部指数インポート
 ・RB☆STRIKE!中央予想データ
 ・RB☆STRIKE!地方予想データ


STRIKE1

RB☆STRIKE!を起動し、「データ」より「外部指数のインポート」を選択します。


STRIKE2

補正入力1に今回指数を取り込む場合は、「補正入力1」を選択して「インポート実行」を行います。


STRIKE3.

出馬表の「補正入力1」に今回指数が入りました。

「補正入力1」の今回指数で、馬券シミュレーションや自動運転を行うことができます。


 

続きを読む

↑このページのトップヘ